接客・サービス業の人材育成教育研修、カラーセミナー

トップページ > 新着情報

新着情報

2016.11.07

大手ハウスメーカー(香川・徳島地区)VMD研修基礎編を実施しました。

▲ページトップへ戻る

2016.08.25

大手ハウスメーカー(京都地区)VMD研修応用編を実施しました

▲ページトップへ戻る

2016.08.19

大手ハウスメーカー(岡山地区)VMD研修基礎編を実施しました

▲ページトップへ戻る

2016.08.11

ブロッサム39様店舗VMDコンサルティングを実施しました

昨日のVMD研修基礎編をご受講くださった東京と横浜地区5店舗の店舗巡回を実施しました。

どの店舗も売場面積に対して商品数が多く、宝物探し的な
ワクワクするような売場展開です。
狭い状況の中でもスタッフの方が工夫されて展開しているのが
現場に行くと伝わってきます。

店舗巡回を実施するときにこだわるのが、一お客様としての視線や導線に徹底し
ショップの第一印象を感じ取ることです。
いつショップの存在に気づか、一番最初に目に留まったところはどこかを探します。

そして、ショップ両横の他店舗の状況、お客様の流れを確認します。

ショップスタッフが客観的な視点で自店を観察するのは大変難しいです。

「皆さんは、売場に向かうときどんなことを考えていますか?
一度出勤するとその売場の人になってしまいませんか?
そうすると客観的な視点では見れなくなってしまいます」

VMDはお客様の立場で考える売場づくり。
VMD理論を実際の売場で実践していくためにはトライ&エラーの積み重ねが必要です。
まずはやってみる、試してみる。

最後に立ち寄った横浜のショップでは、早速店長の方がベビーカーの並べ方や
提案商品を絞るといった実践をされていました。
研修時に狭くて入りにくい店舗だとおっしゃっていましたが、訪問すると
ベビーカーが美しく並び替えられ、通路も広く入りやすく変化していました。
すぐに実行される店長の方の行動力、これが売場を改善する原動力になります。
現場スタッフ皆さまの力を合わせて、お客様が見やすく選びやすく買いやすい
売場を作ってくださることを期待しております。

▲ページトップへ戻る

2016.08.10

ブロッサム39様VMD研修基礎編を実施しました

IMG_2771.JPGのサムネイル画像

代官山tenohaにてベビー・子供雑貨ショップ「ブロッサム39」様のVMD研修基礎編を実施しました。

ブロッサム39様は、「ベビーとママにハッピーを」がコンセプトの
インポートベビー子供雑貨のセレクトショップ。
全国で9店舗を展開されており、ベビーとママの聖地代官山に旗艦店を持つ
とても高感度でオシャレな人気ショップです。

主力商品のベビーカーやベビーキャリー(抱っこひも)はオシャレママやパパには
欠かせないアイテム。ベビーグッズは今やファッションの一部としてデザイン性も機能性も
年々スタイリッシュになっています。

今回の研修では、商品がより価値の高いものとして見えるディスプレイやレイアウトの提案方法と
カラーコントロールの基本を学んでいただきました。

VMDで売場改善を行うときにすぐに結果として現れやすいのが
カラーコントロールに基づいたディスプレイとレイアウト表現です。

まず、お客様の視線と足を止め、店内滞在時間を延ばし商品に触れていただくきっかけづくりを
行います。

今回は各店の店長とスーパーバイザーの方を対象としましたので
売場ですぐに実践できるカラーコントロールの手法を基礎理論から実際の商品を使用したワークショップを
実施し、習得していただきました。
最後は、自店の写真と店内レイアウト図を見ながら、今後の売場改善計画を立てていただきました。

皆さん、熱心に受講され、売場で活用したいとおっしゃていただいたのが印象的でした。

▲ページトップへ戻る