接客・サービス業の人材育成教育研修、カラーセミナー

トップページ > 新着情報 > 「ペーパーメディアにおけるユニバーサルデザイン」セミナーにパネラー登壇しました

「ペーパーメディアにおけるユニバーサルデザイン」セミナーにパネラー登壇しました

「ユニバーサルデザイン」という言葉をお聞きになったことはありますか?

すべての人が直観的に使いやすく、わかりやすいデザインが施されたもののことです。

その「ユニバーサルデザイン」の考え方を企業や行政が発行するペーパーメディア(カタログやパンフレットなどの印刷物)にも取り入れ、伝えたい情報が老若男女、身体特性に関わらずどの人へも情報が適切に伝わることに重要性を置くことで社会貢献や企業価値の向上につなげようという趣旨のセミナーです。

セミナーではコピーライターやマーケティングの専門家、印刷営業のプロフェッショナルの方を交え、カラーコンサルタントである私も「カラーユニバーサルデザイン」についてパネラー参加しました。

※カラーユニバーサルデザイン=色覚タイプを問わず多くの人が識別しやすい配色が施されている製品・情報・サービスなどを提供する考え方

大手家電メーカーの開発担当者や印刷会社、新聞社、生命保険会社など顧客に商品やサービスの情報をわかりやすく伝える必要があるビジネスパーソンの皆さまから様々な質問を受けました。

特に「カラー」についての質問が多く、多くの生活者に影響を与える商品やサービスを生み出す企業の方の意識がまだまだ「カラー」の効果について深く認知されていない現実を実感しました。今後は「カラーユニバーサルデザイン」の観点からも多様性とバリアフリーに配慮した情報発信の方法を広めていきたいと思います。